・ DR-IA / DR-IIA

 1966年発売。
 あまりにも高価だったDR-7/DR-7 Deluxe に対し、トランジスタ1石~2石の実験に絞り込んだコンパクトなセットにして価格を下げた製品。それでも当時の3000円iといえば子供のお小遣いの数か月分にも相当したので高嶺の花であった。

DR-IA 3,200円

DR-IA パッケージ DR-IA

 

DR-IIA 3,950円

 

 型番のローマ数字はセットに含まれるトランジスタの数を表している。またDR-7 Deluxe 内の1~2石実験ユニットであるDR-I~II型(24回路)の改良型(Advance)の意味で末尾にAが付加されたと思われる。

 ブロックケースは縦5列、横6列の30ブロック分の配置スペースがあり、イヤフォンジャックを挿入することで電源スイッチが入る構造である。
 付属の透明カバーをかぶせてポータブルラジオとして使えるようなデザインで、後のSTシリーズにも継承されている。

 DR-IAでは無電源のゲルマ検波ラジオやトランジスタ1石のラジオ、モールス練習機などの16回路の実験、DR-IIAではさらにトランジスタ2石のラジオ、アンプ、発振回路、ワイヤレスマイクなど30回路の実験が出来た。

トランジスタ回路集の実験目次

 ・ 実験の一例:No.17 2石レフレックスラジオ

2石レフレックスラジオ

 

パーツリスト

 DR-IAにはマイクが付属していないためアンプ回路は外部のレコードプレーヤと接続するような指示となっている。ワイヤレスマイクはイヤフォンで代用した。
 マイクのほかにトランジスタブロックなどの追加パーツセット(800円)でDR-IIAにグレードアップできる。

up
pre DR-7 Deluxe DRシリーズTOP

Magic7 next

展示室入口へ戻る                                               

博物館入口へ戻る